診療コラム

診療コラム

予防、病気、しつけ、行動学など、飼い主の皆様に役立つ情報などをコラム形式でご紹介。ぜひご覧ください。

南が丘動物通信トップ

ワンちゃんの胃炎・胃潰瘍 21年05月25日

 現代のストレス社会においては毎日胃の痛むような出来事が起きており、人はストレスなどの精神的な負担により胃炎や胃潰瘍になります。一方ワンちゃんはどうなのでしょうか?そもそも何がワンちゃんにとってのストレスなのかは難しいところではありますが、あまり精神的な要因で胃の病気を呈することは多くないようです。食欲不振や嘔吐を起こすような重度な胃炎・胃潰瘍はあまり多くなく、以下に並べる要因がきっかけになることがほとんどです。

・薬剤

 原因として最も多いのは薬剤を投与することによって発生するものです。原因薬剤としては一般的なのは非ステロイド系鎮痛薬(NSAIDs)で、人でよく用いられるイブプロフェンやインドメタシンは特に危険です。またデキサメタゾンなどのグルココルチコイドは特に大型犬では胃潰瘍リスクが高いと言われています。ですので人の痛み止めを動物さんに与えるのは絶対にやめてください。

・腫瘍

 人に比べると発生の少ない胃の腫瘍ですが、胃の腫瘍は悪性度の高いものが多く予後は不良です。また胃酸の分泌を刺激するヒスタミンを放出する肥満細胞腫という皮膚に発生する腫瘍も胃潰瘍の原因になります。

・感染

 人でもピロリ菌として有名なヘリコバクター属の細菌が原因となって胃炎や胃潰瘍を起こすことがワンちゃんでもあります。胃の中は強い酸性環境なので細菌は生息できないと考えられていましたが、実は多くの細菌が胃の中にいます。ヘリコバクター菌の証明はまだ難しく、内視鏡検査が必要になりますが、除菌により症状が改善することが報告されているので抗菌薬治療がすすめられます。

上記のものが有名な胃炎・胃潰瘍の原因になりますが、冒頭でも述べたようにあまり胃の疾患は一般的ではありません。嘔吐や食欲不振を呈する病気は他にもたくさんありますので、それらを適切に鑑別することが大事と考えています。

RIMG3798.JPG

T.S.

犬の胆嚢粘液嚢腫 21年05月23日

胆嚢粘液嚢腫の犬が紹介症例として来院されました。粘液嚢腫とは胆汁が本来液状であるべきものが固くゼリー状になり十二指腸に排泄できなくなる病気です。黄疸の値が高くなっており、エコーで胆嚢から総胆管にかけて拡張しているのが確認されました。CTでは総胆管に胆石や腫瘍、膵炎などの異常は認められず手術となりました。胆嚢を肝臓から剥離し、切開すると胆汁は硬いゼリー状になっており内容成分を取り出したあと洗浄、十二指腸に通過を確認したあと胆嚢を摘出しました。近年、胆嚢粘液嚢腫は犬で多発するようになっておりすぐ命に係わる症例が多いので注意が必要です。経過良好で回復してきてくれています。

S.S

RIMG3718.JPG RIMG3721.JPG

猫用全自動トイレ 21年05月20日

お家時間が増えたことで気になることの1つ

ご自宅で猫を飼われている方はよくお分かりだと思いますが、ネコのトイレは意外と臭います。コロナ禍でお家時間が増えて余計に気になります。

筆者も昔飼っていた際はとても気になっていました。用を足すたびに掃除をしないと部屋中に匂いが充満し、鼻が慣れてしまうことも。急な来客で慌てて掃除し消臭しという経験もありました。

最近のブームなのか、ネコのトイレもハイテクになりました。全自動で猫砂を取り除いてくれてさらには消臭も兼ねているという。さらにはどれくらいの排尿量でトイレ滞在時間も測定できるとかなり画期的な機能もついていて、ネコに多い泌尿器系疾患の早期発見にもつながるという。余裕があれば買いたいです。

H.F

高齢猫(老猫)のトイレ ストレスなく使え、ケアも考えて | 犬・猫との幸せな暮らしのためのペット情報サイト「sippo」