南が丘動物通信

学会ブログ

各種シンポジウム、セミナー、学会参加情報、最新の獣医療などを掲載。

南が丘動物通信トップ

11月19日 志学会webセミナー 循環器シリーズ 21年11月19日

今回のセミナーは獣医循環器認定医である石川 泰弘先生に

診察時において心雑音が聴こえた際のアプローチ に関して聴講しました。

一般的に心疾患を見つけ出すことは簡単ですが、診断名を下すのは難しいことも多いです。

診察時は呼吸状態や肺音、心音、飼い主様の話を事細かに聴取することでヒントを得ることができ、病態を把握することが大切です。

その後は血液検査(特殊なものでは心筋バイオマーカー)やレントゲン検査、エコー検査が有用となってきます。

レントゲン検査は瞬時に肺野の状態や心臓の大きさを理解しやすく、エコー検査では心臓機能の評価に特化しています。

順を追って検査することで貴重な所見を見逃すことなく診断に至ることができます。

当院でも心臓疾患、呼吸器疾患の患者さんは多く見受けられます。早期の診断・治療が奏することが多々あります。

日々の診察において聴診することは必須であると改めて実感しました。

H.F

聴診 フリー素材 犬 に対する画像結果

どう使い分ける?CKDの犬の投薬管理 21年11月12日

日本獣医生命科学大学 獣医内科学研究室第2・付属動物医療センター腎臓科 宮川優一先生

慢性腎不全で必要とされる治療や治療薬はいくつかあげられますが現状を正しく把握して、適切な治療を選択することが大切です。腎不全の治療は大きく分けて2種類あります。1つ目はCKDの原因を治療するもので感染(FeLV,FIV,FIP、賢孟腎炎)、尿道閉塞、尿管結石による閉塞性腎症、腎結石、低カリウム血症、多発性囊胞腎、先天性腎疾患(奇形)、糸球体疾患などの治療で、2つ目は進行要因を抑制・除去するもので体重減少、リン・カルシウム代謝異常、高血圧、蛋白尿、脱水、代謝性アシドーシス、貧血、尿毒症などの治療です。例として腎不全で高血圧がある子に対しては血圧をコントロールすることで腎不全の進行を遅らせることができる可能性があります。また別の症例は腎異形成と呼ばれる先天性疾患をもつ子で腎臓の機能が低下している状態でした。確定診断は腎臓の生検をするしかありませんが超音波検査である程度判断することができます。一言に腎不全といっても原因も複数あり、また、進行要因もその子によって異なる場合もあります。気になる点や相談したいことなどある場合にはお気軽にご連絡ください。

K.G

10/23  葉月会 感染症学シリーズセミナー 感染症検査の正しい知識とアンチバイオグラム 21年10月23日

葉月会 感染症学シリーズセミナー 

東京大学農学生命科学研究科 付属動物医療センター第一内科

茂木朋貴先生

今回は感染症の検査における正しい理解とアンチバイオグラムについてでした

尿路感染、皮膚感染などで院内培養で菌が検出できた場合、薬剤感受性試験を検査会社に依頼して検出された菌種、それに対する抗生物質の感受性、耐性の評価を行います。そのうえで患者に対して使用する抗生剤を考慮します。ここで気を付けていかないといけないのは感受性試験の結果が感受性ありと判定された場合でも、犬なのか猫なのか、検出された臓器はどこか、院内の検査でそのような菌が見えていたか、実際に検出された菌はなんなのかを総合的にみた上で抗生剤を決定する必要があるということです。例えば、klebsiella pneumoniae が検出された場合には、感受性試験において"どの抗生剤も効く"という結果であっても、これらはあらかじめ染色体上にあらかじめ耐性遺伝子(Aβ-ラクタマーゼ)が乗っているため、アモキシシリンに対して自然耐性を示す場合がある為使用は避けた方が良いです。このように感受性があるからと言って安直に抗生剤をチョイスするのではなく、患者ごとの情報から理論的に抗生剤をチョイスする必要があります。

このような、抗生剤の選択においての正しい考え方に加えて、正しい感染症診療をするためにアンチバイオグラムの作成が役立ちます。アンチバイオグラムとは、抗菌薬の累計感受性率のデータで、病院においての細菌種毎の抗菌薬の感受性を調べたものと定義されます。メリットは抗菌薬を経験的に使用する際に可視化できるので信頼性も高く、無駄な抗菌薬治療を減らすことができると言った点が挙げられます。院内で菌が検出されたら、グラム染色で球菌か桿菌かを確認し、ある程度の範囲で菌種を予測しデータベースに基づいて最良の抗生剤をチョイスすることができるので、敗血症なのど緊急性を要する状態の子に対して迅速に適切な抗生剤を選んで投与することができると言ったメリットもありました。

このようにただしい認識で抗生剤を使用することは、動物たちの早期回復になるだけでなく、ご家族の皆様の負担も軽減できることにつながるのでこれからの診療の中で意識していくべき内容だと感じました。

R.I