診療コラム

診療コラム

予防、病気、しつけ、行動学など、飼い主の皆様に役立つ情報などをコラム形式でご紹介。ぜひご覧ください。

南が丘動物通信トップ

猫の慢性腎不全の新しい薬「ラプロス」 17年10月29日

 2017年春に猫の慢性腎不全に対する新薬として、ラプロスという薬が発売されました。腎不全に対する内服薬は数多くありますが、そのほとんどが腎不全によって生じた症状に対しての対症療法的なものでしたが、ラプロスは初めて腎機能低下の抑制で認可を取ったとして話題になっています。

 主成分のベラプロストナトリウムは人医療では以前から使用されています。プロスタグランジンという生理活性物質で、血管拡張や血小板凝集抑制などの作用を示すことから、人では肺高血圧症や動脈閉塞症などで用いられてきました。腎不全に対しても良好な報告もあったため、慢性腎不全の多い猫においても研究が進められ販売するに至りました。

 上に述べた血管拡張作用、血小板凝集抑制作用だけでなく、腎臓の線維化の抑制、炎症性サイトカインの抑制などの複数の効果により高血圧の是正や糸球体の保護、腎血流を維持することで腎機能の低下を防ぐ、または機能を維持してくれます。人と違い、人工透析による慢性腎不全の管理は現実的でないことから、いかに今ある腎臓機能を守っていくかということが大事になります。

 またラプロス錠を投与することで食欲不振も回復し、活動性も上がるのも報告されています。腎不全の猫において体重を維持することはとても重要なので、生活の質を改善させる効果はとても意味があります。錠剤自体もとても小さく、飲ませやすいというのもメリットです。

 腎不全に罹患する猫はとても多く、今回ご紹介したラプロスを含めた多くの管理が必要になります。これさえ与えればすべて大丈夫というものでもなく、まずは病気の理解も求めれるため、説明・納得の上でその子に合った治療法を飼い主さんと見つけられたらと考えています。

T.S.

猫の尿管結石  (血液透析/SUBシステム) 17年10月08日

近年、猫の尿管結石が増えています。食事に下部泌尿器系症候群が起こりにくくするための対策がされており、そのことが尿管結石を多くしているのかもしれません。尿管結石の予防にはウェットフードがお勧めです。猫は偏食癖が強くドライフードだけしか与えていないと、ウェットフードを食べなくなります。将来食事変更が必要になることもありますので、小さいころからウェットフードを食べれるように練習しておくとよいでしょう。先日4歳になったばかりのオス猫ちゃんが両側尿管結石で、まったく尿が作れずに来院されました。BUN 315mg/dlK 8.77で、とても重症でしたが、がんばって遠方より来院されました。腎盂にカテーテルを入れ排尿を確保しながら血液透析を行い、一命をとりとめました。左右の腎臓の中に数十個の結石を認めたため尿管結石を解除しても再発する可能性が高く、尿管に結石が大量に詰まっている側にSUBシステム(皮下尿管バイパスシステム)を留置しました。今順調に過ごしてくれています。尿管結石の症例は34歳くらいから多くなります。ご心配な方は尿検査、レントゲン検査がお勧めです。

IMG_5737.JPG

リンパ球形質細胞性鼻炎 17年09月10日

 リンパ球形質細胞性鼻炎は、犬や猫において最も多い慢性非感染性鼻炎で、ヒトでは特定の季節の花粉や真菌、動物の鱗屑や羽毛、ハウスダストマイトなどを吸引することにより誘発されるとされていますが、犬や猫においては明確な原因は不明です。現在のところ、ヒトと同様アレルゲンや刺激物質の吸引も一因と考えられていますが、免疫介在性の可能性が示唆されています。

 本疾患は、リンパ球や形質細胞などのリンパ系炎症細胞が鼻腔粘膜を刺激し、漿液性~粘液性の鼻汁が分泌されます。これらリンパ系炎症細胞の浸潤が鼻腔粘膜の防御機構を崩壊させ、細菌が増殖し最終的に粘性の膿性鼻汁が分泌されるようになってしまいます。ミニチュア・ダックスフンドやウィペットで好発し、中齢での発症が最も多いと考えられています。

 確定診断には、CT、MRI、内視鏡などの画像検査により他の鼻腔疾患との鑑別を行い、鼻腔内の粘膜組織を採取し、病理組織学検査をすることが必要です。

 治療は、グルココルチコイドを中心とした免疫抑制療法を行い、二次感染が起こっている場合には抗菌薬の投与なども行います。ネブライザー療法も症状の軽減には有効であることがあります。しかし、こういった治療を行っても、根治は難しく、治療途中での中断は再燃する可能性が高い疾患です。残念ながら現在のところ本疾患を予防する方法は分かっていませんが、本疾患は粘稠性鼻汁による誤嚥性肺炎を起こすことがない限り、死に至ることはないため、バランスを取りながら上手く付き合っていくことが必要です。

T.H.