診療コラム

診療コラム

予防、病気、しつけ、行動学など、飼い主の皆様に役立つ情報などをコラム形式でご紹介。ぜひご覧ください。

南が丘動物通信トップ

心嚢水貯留 17年05月07日

 心膜は心臓や大血管を覆う袋状構造であり、心臓の動きを滑らかにするために心嚢水を含んでいます。心嚢水は様々な病気で過剰に貯留してしまうことがあり、それにより心臓を圧迫し、心臓機能が低下することを心タンポナーデといいます。

 心不全、ヘルニア、低アルブミン血症などでは漏出液、感染性では滲出液が貯留します。猫では伝染性腹膜炎ウイルスによるものもあります。しかし犬において最も多い原因は出血性で、右心房に発生する血管肉腫が一番みられます。他には短頭種では心基底部の大動脈体腫瘍、心膜の中皮腫も原因になります。特発性心膜出血はゴールデンレトリバーにみられます。

 運動不耐性、食欲不振、失神などを呈し、右心不全を伴えば腹水貯留も現れます。心エコー検査では容易に心嚢水貯留を診断することができます。

 心タンポナーデに陥った動物には心嚢穿刺を行い、過剰な心嚢水を抜去します。そしてその性状を検査して原因を推定し、それぞれの疾患について治療を検討します。心膜切除は特発性心嚢水貯留の治療法で、心タンポナーデの発生を防ぐことができます。胸骨正中切開後に、横隔神経より腹側の心膜を切除する心膜亜全摘術を行います。心膜開窓術は心臓腫瘍における緩和治療として行われます。

T.S.

インターフェロンを用いたがん治療 17年04月09日

インターフェロン療法はがんに対する免疫療法のひとつです。がんの治療では、現在広く行われている外科療法、化学療法、放射線療法に続き、免疫療法が第4の治療法として期待されています。

生体にはNK細胞やキラーT細胞、マクロファージ、ヘルパーT細胞などといった腫瘍に対する免疫学的監視機構がもともと備わっています。腫瘍罹患犬は健常犬と比較するとこれらの細胞が減少し、逆に抗腫瘍免疫を抑制する制御性T細胞が増加しています。インターフェロンの主な抗腫瘍効果には、全身・腫瘍組織中の免疫担当細胞を刺激・活性化させる間接作用と、細胞死(アポトーシス)の誘導促進や細胞増殖抑制といった直接作用があります。肥満細胞腫、悪性黒色腫、上皮向性リンパ腫、移行上皮癌などの悪性腫瘍に対してインターフェロンを用いた症例が近年報告されています。

当院においても腫瘍症例に対する治療オプションのひとつにインターフェロン療法を採用しております。ご検討の飼い主様はその詳細についてぜひ獣医師にご相談ください。

H.B.

椎間板ヘルニアにおける幹細胞療法(ペットの再生医療) 17年04月07日

「おはよう朝日です」に獣医再生医療学会会長の岸上先生が出演し、ペットの再生医療が紹介されてました。椎間板ヘルニアに幹細胞療法を行うことにより神経の再生は促され、歩けるようになる症例は当院でもたくさんいます。その他にも、骨折・骨癒合不全、脊髄損傷、炎症性関節炎、腎不全、肝硬変、自己免疫性疾患、膵炎などの治療に使用し、良い経過が得られています。多くの病気に効果が期待され人医療においても治療が行われています。

また、このたび日本獣医再生医療学会と日本獣医再生・細胞療法学会は、かねてより検討しておりましたペットの犬や猫への再生医療などについて、獣医師が治療を実施する際のガイドラインをまとめペットやご家族の皆様が安心して治療をうけていただけるような指針を発表いたしました。治療法がないとあきらめる前にぜひご相談してみてください。

S.S