診療コラム

診療コラム

予防、病気、しつけ、行動学など、飼い主の皆様に役立つ情報などをコラム形式でご紹介。ぜひご覧ください。

南が丘動物通信トップ

猫の甲状腺機能亢進症、内科療法の副作用 19年03月16日

猫の甲状腺機能亢進症における内科療法の副作用について述べてみます。抗甲状腺剤として日本ではメルカゾールが使用されており海外製と比べて遜色ありません。しかし、約15%の猫に副作用がでると言われており、軽度の食欲不振、嘔吐というものをくわえると半分近くの症例におこると感じています。代表的な副作用は①嘔吐、食欲不振②顔面、頸部自傷性剥離③肝炎④貧血⑤血小板減少症です。残念ながら投薬量の明らかな指標は決まっておりませんが当院では1/8~1錠を少量から増やしながらコントロールしております。①嘔吐や食欲不振はおきやすいものですが少量から徐々に増量したり、投与回数の変更など工夫することによりに落ち着く場合がありますので病院にお問い合わせください。②~⑤は発症するとほとんどの場合投薬中止が必要となります。特に②顔面、頸部自傷性剥離は症状が激しくすぐに薬をやめなければなりません。内服をはじめて数週間たってからの発症も多く薬に関連していないように思われる方もいますがすぐに中止してください。今までに5頭症例を診ておりますが激しい痒みでおどろくほどひどいものです。アメリカ製の薬では免疫介在性溶結性貧血、重症筋無力症の報告もありますがメルカゾールではみたことはありません。初期投与量が多く抗甲状腺剤の投与することにより猫が急にぐったりしていたらすぐに診察が必要です。抗甲状腺薬が合わずに一時的に処方食y/dでコントロールできることもあります。どうしても困難な場合は甲状腺ホルモンが高値のままでも手術することもあります。人間では高値のまま手術をすると急性発作が起きるのですが猫ではまだ報告はありません。

写真は先日の16歳齢の猫の手術時甲状腺です。左が尾側になりますが正常解剖とは違い上皮正体が尾側についています。  S.SRIMG0011.JPG

3月15日 志学会 食事療法 19年03月15日

今回のセミナーではロイヤルカナン主催のセミナー犬のアレルギー性皮膚疾患における食事療法という演題でした。

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの症状は非常によく似ており、どちらも強い掻痒感と脱毛を主訴に来院される患者さんが多いです。

診断方法は除去食試験という方法が確立されています。

過去の給与成分が明らかな場合は今まで給与したことのない新奇タンパク質及び炭水化物を主原料としたフードへ変更します。過去の給与が明らかではない場合は加水分解食やアミノ酸療法食を選択します。期間としておよそ13週間の食事管理が必要であり、その間、飼い主は低アレルギー食以外のものを与えないようにします。根気が必要ですが、その分、目に見えて症状が緩和されていくと達成感というものは格別だと思われます。慢性的に繰り返す外耳炎の症例においてもアレルギーが関与しているという報告もあります。

痒みの原因は、実は日頃から食べているフードによるものかもしれません。

H.F

心臓病を血液検査で診断? NT-proBNP 19年03月13日

 心臓病は人も犬も猫も多いですが、特に猫の肥大型心筋症の診断には苦慮します。肥大型心筋症とは心臓の筋肉が肥厚することで血液をうまく送り出すだけの容積を心臓内に確保することができずに心不全に陥ってしまう病気です。重症化すると心不全だけでなく血栓症を引き起こします。症状も重症化しないと現れないのですが、聴診で必ずしも雑音が聴取されるわけではなく、レントゲンでも大きさの変化が微妙なものも多く、心エコー検査は有用ではありますがじっと検査できない猫ちゃんもいるためになかなかルーチンに行われないのが実情です。そこでNT-proBNPというバイオマーカー検査が開発されました。

 BNPとは脳性ナトリウム利尿ペプチドのことで、利尿作用や血管拡張作用を示すことにより心臓の負担を軽減します。心筋細胞の障害や伸展を感知すると、心臓からはNT-proBNPというバイオマーカー値が上昇することから、血液検査で猫の肥大型心筋症を診断することができます。しかし心筋症があっても心臓に負荷がかかっていない、例えば軽度~中程度のあまり重症ではない心筋症ではNT-proBNPは感度が低いために、その結果を鵜呑みにしてはいけません。やはり診断を深めていくためには聴診、心電図、レントゲン、心エコー検査など従来の検査を組み合わせて診断していく必要があります。しかし血液検査でも心筋症が診断できるツールがあるというのは心強いものです。

 心臓病にかかわらず猫ちゃんはなかなか病気のシグナルを出さないために、やはり早期発見のためには健康診断が重要といえます。まずはワクチンの際に聴診や血液検査、そして心臓病が心配な猫ちゃんにはレントゲンや心エコー検査、そして疑わしい症例にはこのNT-proBNP検査を併せて検査できればと思います。気になる方は診察にいらしてください。

T.S.

DSC_2403b.jpg