診療コラム

診療コラム

予防、病気、しつけ、行動学など、飼い主の皆様に役立つ情報などをコラム形式でご紹介。ぜひご覧ください。

南が丘動物通信トップ

誤嚥性肺炎ってご存知ですか? 20年01月20日

今回は「誤嚥性肺炎」に関するお話です。

ワンちゃん、ネコさんを飼っているご家庭では6ヶ月齢を過ぎると不妊・去勢手術をしましょう!と勧められると思います。手術の事前の注意として『当日はご飯を抜いて来てくださいね』と言われると思いますが、実は...誤嚥性肺炎を防ぐためでもあるんです。

◎誤嚥性肺炎:吸引性肺炎とも言われ、唾液、食物、胃液などを口腔内常在菌と共に気管支内に吸引して起こる肺炎

...じゃあ、手術と何の関係があるの?ということになりますよね。実は手術そのものというより、麻酔に関連しているんです。動物の場合多くの手術は全身麻酔で行われますが、手術が終わり麻酔の覚め際に嘔吐する場合が多く、吐いた物を誤嚥(※1)してしまうからなんですね。※1:飲食物や唾液を、誤って食道ではなく気道に飲み込むこと。

では実際、誤嚥性肺炎になるとどうなるのでしょうか。

①胃酸の吸引により上皮細胞が損傷し、細菌が侵入しやすくなる。※二次感染を生じやすくなる

②炎症や感染の結果、粘液産生量が増加し、気道閉塞となり呼吸しづらくなる

③損傷が重度の場合には、肺胞毛細血管の透過性が増し、非心臓性肺水腫となり急性促迫症候群となる

④重症度は吸引量、pH、細菌、微粒子の容積や大きさなどに影響を受ける

⑤重症の場合には治療の甲斐なく亡くなるケースもめずらしくない

手術当日にご飯を抜き忘れただけで手術が延期になった...なんて経験をされた飼い主さんもいらっしゃると思いますが、それは「誤嚥性肺炎」を防ぐために一番簡単で効果のある方法が『胃の中を空っぽにする』ことだからなんですね。

ただ、手術時の麻酔以外にも、ご飯が逆流する疾患(巨大食道症、食道憩室など)では誤嚥性肺炎のリスクがあります。フードを少量ずつ何回にも分けて与える、食事の形態を考える(ご飯後すぐに寝かせないなど)といった工夫も必要です。嘔吐が認められる場合、嘔吐の最中に大きな声をあげることで驚いて誤嚥してしまうケースもあるので注意しましょう。

K.G

肺イラスト.png

2020年1月11~12日 秋季合同学会 20年01月15日

先日、獣医療における4分野(循環器、画像診断、麻酔外科、内視鏡)の合同学会が大阪国際交流センターにて開催されました。

今回、私は循環器認定医講習会では大学講義でもなかなか聞くことができない心臓の発生過程から正常・異常心電図までを受講してきました。

ヒトにおいては胎生22日心臓が拍動しまが、そこに至るまでの詳細な発生過程は未だ解明されていない部分が多く残っており、特に心臓には左心房、左心室、右心房、右心室の計4つの部屋に分かれる理由も、その明確な発生機序も不明な部分が多々あります。ちなみにハツカネズミは妊娠期間が約20日間ため、その分化の過程はヒトとは比べ物にならないくらい早い速度ですね。

学会発表では、やはり猫の尿管結石に対する治療法が目立っていました。

最近では猫の尿管結石が増えており、その外科手術には尿管切開術、尿管膀胱新吻合術、ステント設置、SUBシステム設置があり、症例毎にふさわしい選択をしますが、近年では特にSUBシステム設置術が広まりつつあります。

当院においても猫の尿管結石に対してはSUBシステム設置術を選択することが多く、良好な経過を辿っています。

H.F

低温火傷 19年11月20日

寒くなってきましたね

「雪やコンコンあられやコンコン~♪」のフレーズでお馴染みのあの曲。「イヌは喜び、庭かけ回り、ネコはこたつで丸くなる」とのことでインターネットで調べてみると、こたつに入るかわいいワンちゃん、ネコさんの動画や画像がヒットしますよね?今回は冬に使われる暖房器具に関してのお話です。

暖房器具といえば?こたつ!ストーブ!ホットカーペット!などなど様々ですが、火や電気を使うものはある程度の注意が必要です。イヌやネコも人と同じように火傷の危険性があります。また、低温やけどという言葉を聞いた人も多いでしょう。低温やけどとは、ホットカーペット・湯たんぽ・ストーブ・こたつ・ヒーターなどに、6~10時間温められた状態で起こるやけどです。やけどをすると、以下のような症状があらわれるので注意深く観察するようにしましょう。

・やけどした場所を気にしている

・やけどをした場所の皮膚が赤い

・やけどをした場所に水ぶくれができている

・皮膚の皮が剥けている

・筋肉が見えている

やけどには軽度~重度ものもがあり、軽度であれば少し皮膚が赤みを帯びるくらいですぐに治癒するのですが、水ぶくれの場合は治癒に10~14日、皮膚の皮が剥けている場合は1ヶ月以上、筋肉が見えている場合は皮膚移植が必要となる場合もあります。暖房器具の場合、ケージやサークル内であると行動範囲が狭まるので低温やけどのリスクが高まります。ホットカーペットの上にケージやサークルをおいて長時間ホットカーペットを使用したり、ヒーターの熱を直接当たるようにするなどは避けましょうね。

K.G

neko kotatu.jpg