診療コラム

診療コラム

予防、病気、しつけ、行動学など、飼い主の皆様に役立つ情報などをコラム形式でご紹介。ぜひご覧ください。

南が丘動物通信トップ

耳が欠けちゃった!! 18年03月18日

先日耳の先が欠けてしまったダックスさんが来院されました。その子はダックスフンドによくみられる耳介辺縁皮膚症でした。

これははっきりしていませんが自己免疫や血行障害が原因ではないかと考えられています。耳の辺縁から脱毛やカサブタがみられるようになり、裂傷や潰瘍をつくって耳が欠けてしまいます。

これは残念ながら特効薬はありませんが、乾燥を防ぐために保湿剤をつかったり、カサブタをシャンプーでマメにきれいにしてあげたりすることで抑制することができます。また熱源はこの皮膚疾患を悪化させます。こたつにもぐることやヒーターの前に陣取ることが好きな子をよく聞きます。耳の先が脱毛してきたらとめてあげたほうがいいかもしれませんね。K.Y

肝臓腫瘍 18年03月12日

なかなかお腹の中に大きな腫瘍があってもわかりにくいものです。肝臓腫瘍、脾臓腫瘍で来院する方がたくさんおられます。なかなか気が付きにくいので健康診断も受けていただく必要性も感じます。今回のワンちゃんは巨大な肝臓腫瘍でした。6㎏弱のワンちゃんでしたが長さ13㎝X幅9㎝X縦8㎝ 800g以上の大きな肝臓腫瘍でした。CTで見ていただくといかに大きいのかがわかると思います。あまりに大きすぎて、摘出も大変でした。ベッセルシーリングシステム、バイポーラ、超音波メス、キューサーなどを使用しますが昔と比べてやはり手術は安全に的確に、短時間で行えるようになりました。病理診断は肝細胞癌でした。とっても良い子です。長生きできるとよいですね。S.S

IMG_6252.JPG

犬のリンパ球形質性鼻炎 18年03月11日

犬のくしゃみの原因のほとんどは歯周病からのものと言われています。ではそのほかの原因でくしゃみが止まらない病気はといえば、腫瘍や異物などがあり、その中の1つに犬のリンパ球形質性鼻炎があります。これは非感染性の鼻炎であり、原因としてはアレルゲン物質や免疫介在性の可能性がありますが、実際に明らかな原因を特定することは難しい疾患です。症状としては慢性的な漿液性あるいは膿性の鼻汁が認められ、且つ感染性の疾患ではないため、一般的な抗菌薬や抗炎症薬に反応しない、あるいはコントロール不良となります。また鼻汁40%は片方のみといわれていますが、経過の長い症例では両側性へと移行することもあります。

診断は確定診断をするにあたっては鼻粘膜の組織を取り出して病理検査が必要になりますが、内視鏡での組織の採取は上辺の炎症を起こしている部位のみを取ってしまうことも多く、実際には経過やCTなどの画像診断と合わせて総合的な診断となります。治療としては免疫介在性の慢性の病気であることから、完治。ということは難しい病気のため、ひどいときにステロイドを使う・二次感染が見られたら抗生剤を使うといった対症療法が一般的になります。

S.A