南が丘動物通信

学会ブログ

各種シンポジウム、セミナー、学会参加情報、最新の獣医療などを掲載。

南が丘動物通信トップ

4月5日 葉月会セミナー 腎・泌尿器学シリーズ 19年04月05日

1から始める腎臓病のはなし 第5回糸球体疾患とその治療

宮川優一 日本獣医生命科学大学 獣医内科学教室第二 講師

 腎臓病について基礎から見直すこのシリーズセミナーの5回目は糸球体疾患についてでした。腎臓病の検査において尿検査はとても大事ですが、ついやらずに放置されてしまいがちです。しかし尿検査で最も重要なのが尿蛋白の検査で、それは尿蛋白の検査は尿検査なしでは診断がつかないからです。

 犬では糸球体疾患からの蛋白尿が多く、これが慢性腎臓病の原因の50-70%を占めています。血液検査で腎臓の項目が正常でも、尿蛋白がある時点で治療対象になります。一方猫では慢性腎臓病の原因としての蛋白尿は少なく、むしろ腎臓病の結果として生じることが多く予後の指標にも使用されます。糸球体疾患の治療には現在多くの薬剤が使用されますが、ACE阻害薬とARBの効果の違いについて、また先生の症例を通じて治療の反応性について分かりやすく講義していただきました。

 当院でも以前から尿検査の重要性についてご説明させていただいていますが、さらに根拠をもってお話できるようになったセミナーでした。

T.S.

3月30日 葉月会 腫瘍学セミナー  19年03月30日

肛門嚢アポクリン腺癌の治療

酪農学園大学  廉澤 剛先生

犬の肛門周囲の腫瘍には肛門周囲腺の腫瘍と肛門嚢の腫瘍との2つあります。その中でも肛門嚢腺癌は高カルシウム血症を引き起こす代表的な腫瘍の1つで、リンパ節や肺への転移を起こす悪性の腫瘍です。基本的には完治は難しい腫瘍ではありますが、リンパ節転移による高カルシウム血症や排便困難の改善のため、原発巣およびリンパ節の摘出が推奨されています。今回は肛門周囲腺癌の摘出に関して解剖から手術の方法について病理組織結果に則って、以前と比較して現在の手術法について動画を用いて詳しく説明していただきました。

また、肛門周囲腺癌に対する抗がん剤治療の効果についても最近の実績に基づいた結果からその有用性についてお話していただきました。以前は高カルシウム血症に対する処置が主でしたが、腫瘍自体の縮小効果も期待されるようになっており、放射線以外の選択肢の1つとして挙げられていました。

肛門周囲腺癌は触知できる位置にありますが、症状としては進行するまでは劇的なものではないため、日々の身体検査により初期の病態を見逃さないようにし、しっかり治療していこうと思います。

S.A

3月28日 葉月会 循環器学シリーズセミナー 19年03月30日

菅野信之先生による、「心臓バイオマーカー 外注するタイミング」のセミナーに参加させていただきました。

バイオマーカーとは、身体の状態を客観的に測定し評価するための指標で、診断や治療に用いられます。

心臓におけるバイオマーカーには、心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)、トロポニンIといったものが主に利用されています。

例えば、NT-ProBNPが高値ならば心臓が悪い可能性が高い、という風に使います。

今回のセミナーでは、各バイオマーカーの特徴や、どのタイミングでの測定が効果的であるのか、またその応用方法などについてご教授いただきました。

心臓疾患の診断は、聴診、エコー検査、レントゲン検査といった方法で行います。

例えば猫ちゃんなど心臓エコーが困難な場合にも血液検査で診断ができ、呼吸器疾患など他の疾患との鑑別にも使えるため、バイオマーカーの測定は有用であると考えられます。

当院でも、心臓チームによる心臓疾患手術を行う際にはその前後でNT-ProBNPを測定し、経過観察の指標としています。

アメリカなど海外において心臓バイオマーカーは、健康診断時などでも日常的に測定されているようですが、日本ではそれほど普及していないのが現実です。

心臓疾患を早期に発見するためにも健康診断における心臓バイオマーカーの測定は、聴診、心臓エコーなどと組み合わせて行うことがおすすめです。S.K