南が丘動物通信

犬の肺の腫瘍 21年04月20日

 今回は犬の肺腫瘍に関してです。肺腫瘍は腫瘍全体の1%、100,000頭につき4.2頭の発生といわれています。犬では腺癌が最も多く、そのほかに扁平上皮癌、腺扁平上皮癌、悪性組織球性肉腫、線維肉腫、リンパ腫などが発生します。8〜14歳で多いとされ、腺癌は左後葉、悪性組織球性肉腫は右葉で特に中葉・左前葉に発生しやすいとされています。進行や予後は悪性度や診断時の転移の有無に関与していて、その他、ステージング、腫瘤の大きさ・位置などによって決まることが報告されています。犬においては腫瘍随伴症候群として特徴的な肥大性骨症が知られています。主な症状は咳、活動性の低下、食欲低下、呼吸困難などが認められますが、無症状で健康診断で偶発的に発見されることも多いです。呼吸器徴候としては咳が多く、腫瘤が気管支を圧迫する大きさの場合に生じます。X線検査では孤立性、粟粒性、肺葉硬化性の腫瘤が認められ、空洞化、石灰化などの所見を伴うことがあります。診断時の胸水貯留は少なく、リンパ節腫大を伴うことがあります。CT検査によってX線検査では検出できない大きさの肺葉間転移やリンパ節評価を行うことができます。CT検査においてリンパ節が腫大していると評価される場合、ほとんどの場合は病理組織学的な評価によっても転移が得られたという報告があります。当院では外科的な切除だけでなく内服によるメトロノミック療法も行っておりますのでご相談いただければと思います。hai.png

K.G

下顎骨折 21年04月15日

毎年、多くの犬猫が交通事故や高所からの落下による骨折で来院します。

今回は、最近立て続けに発生した下顎骨折についてお話します。

犬や猫の下顎骨折の大半は、先ほど述べたような外傷性の骨折です。

他にも、腫瘍性の骨折や重度の歯科疾患による病的骨折もあります。

下顎は、その構造から、左右の中心で骨がずれることが多いようで、レントゲン検査やCT検査をする前から見た目に左右非対称に見えることがあります。

閉口困難による流涎、食欲不振、出血などの症状が認められます。

治療方法は様々ですが、ワイヤーで骨を固定したり、プレートを設置するような外科的治療が選択されることがほとんどです。

術後しばらくはドライフードといった硬いごはんは食べることができず、柔らかい流動食を食べる必要があり、場合によっては食事用の食道チューブや経鼻カテーテルを設置することもあります。

このように下顎骨折は、命が助かったとしてもおおごとです。

まずは、事故を起こさないよう猫は外に出ないよう徹底し、窓を開け放して飛び降りることがないよう気を付けてください。

犬の場合にはノーリードでの散歩は控えましょう。乗っていた車から飛び降りてしまう事故も多いです。

愛犬を膝に乗せたまま運転したり、座席の窓から顔を出したまま走行していると、道路交通違反に当たる場合もあるそうです。

いざというときに備え、愛犬とのドライブもキャリーに入れるのが安心ですね。 S.K