南が丘動物通信

唾液の量が多くありませんか? 21年02月22日

愛犬の「よだれ」が多いと感じたことはありませんか?

流涎過多は、唾液の過剰な分泌により生じますが、中には正常な生産量の唾液を嚥下できない偽性流涎過多の場合もあります。

犬の唾液は、耳下腺、下顎腺、舌下腺、頬骨腺の4つの唾液腺より産生されます。

その役割は、食べ物をやわらかくして飲み込みやすくし、咽頭や食道を保護する他、蒸発させ体温を下げることです。

狂犬病が否定できる場合においては、偽性流涎過多の多くは口腔内異物によって起こります。

唾液過多は、歯周疾患、口内炎、舌炎、食道炎などの炎症性疾患などによって起こります。

家庭用の洗剤や、カエルやイモリの分泌液、ベニテングダケなど植物もまた、口腔内の粘膜を刺激することによって唾液過多を引き起こします。

他にも、顔面神経麻痺といった神経障害によるものや、尿毒症や肝性脳症などの全身疾患では、吐き気を催すことにより流涎を起こします。

このように、流涎過多には多くの原因が考えられます。

口腔内の異常に関しては、ご自宅では嫌がって見せてもらえないことも多いでしょう。

愛犬がだらだらよだれを流していたら、ぜひ病院に連れてきてあげてください。S.K