南が丘動物通信

猫の甲状腺機能亢進症の手術症例(上皮正体尾側付着例) 18年10月10日

今回手術した推定22歳の猫の甲状腺の写真です。上皮正体は甲状腺の頭側に付着していてカルシウムの値をコントロールする大切な臓器です。甲状腺摘出手術の際に上皮正体の機能を残せるかどうかが甲状腺の手術では最も重要です。先日吉田獣医師の論文が掲載されましたが、今回の症例では甲状腺の最も尾側に位置している症例でした。獣医師の方々にもぜひ見てほしい症例でした。左側が頭側になります。上皮正体につながる血管が発達しており、よい手術ができました。

RIMG6422.JPG

フレンチブルドッグの鼻孔狭窄 18年10月05日

フレンチブルドッグ、パグ、ペキニーズ、シーズーなどの短頭種は気道系に問題を抱えていることが多くあり、気管形成不全、軟口蓋過長、喉頭小嚢反転、鼻孔狭窄が有名です。下の術前と術後の鼻の穴を比べてみてください。気道の通りが悪いことは気管や気管支、肺、心臓に負担があるだけでなく嘔吐などの消化器障害にもつながることがあります。呼吸するときに大きな音を感じる場合、うえに示した問題を抱えていることがおおく、手術によって修復が可能です。わんちゃんの鼻の穴をじっくりと見ていただくことをお勧めいたします。

RIMG6428.JPGRIMG6414.JPG