南が丘動物通信

猫の嗜好性 18年06月24日

猫は犬に比べて食事にうるさく、偏食(食べたことがないものは、食べたがらない)、というイメージは何となくお持ちかもしれません。それには理由があります。猫の嗜好性は、匂い、温度、味、栄養組成など様々な要因によって影響を受けるからです。その中でも特に匂いに関して敏感で、普段の食事であっても環境中に不快な匂いがある場合は、その食事をしばらく食べなくなるということさえもあります。また、食事の温度も嗜好性を左右します。人肌程度に温められた食事を好む傾向にあるため、冷蔵庫で保存しておいた食事を与える際は、温めてあげるのが望ましいです。しかし、40℃以上になると逆に嗜好性が低下するため、温めすぎには注意が必要です。さらに猫の味覚は、甘味を感じない一方で、酸味や苦味に対しては非常に敏感で、苦みのある薬を食事と同時に与えると、その食事を食べなくなることがあり、投薬は基本的に食事とは別にやることが望ましいです。味の好みは母猫が食べている食事の影響を強く受けるともいわれているため、母猫に栄養バランスのとれた優れた食事を与えることも重要です。また、食事以外にも嗜好性に影響を与える因子があり、その代表的なものが食器の種類です。猫のひげが食器の縁に触れることを避けるため、食事や水の容器は浅く広い物を使うことが推奨されます。また、食器の材質としては、ステンレスは冷たく、プラスチックは匂いが食器に残りやすいとされる一方、陶器が最も風味に影響を与えにくいとされているため優れていると考えられています。

健康な時はあまり気にならない事柄かもしれませんが、病気になってしまった際には、快復の為にも食事というのは非常に重要な要素です。以上の事柄を参考に、食事のやり方を見直してみてはいかがでしょうか。

T.H.

2018年 春季合同学会 参加報告 18年06月20日

61517日に埼玉県 大宮ソニックシティで開催されました、日本獣医循環器学会、麻酔外科学会、画像診断学会、内視鏡外科学会による合同学会に参加してきました。

本学会は規模が大きく、また今回は動物リハビリテーション学会と顔面口腔外科研究会が加わっていることから多くの参加者で溢れていました。その点において様々な分野の先生が参加しているため、興味深い講演が数多くあり、非常に有意義な時間を過ごしました。

同時に認定医取得のための講習会も開催されるようになり、循環器学会員であるため参加してきました。講習会は循環器学における基礎的な内容から専門性に富んだ内容まで事細かく、非常に勉強になる時間でした。

これからも学会に積極的に参加し、知識の幅を広げていきたいと思う。

H.F

フライングキャットシンドローム 18年06月17日

猫高所落下症候群、別名フライングキャットシンドローム/ハイライズシンドロームというワードを聞いたことがある方はおられるででょうか。これは、猫が高層マンションから落下する事故が多発したため名づけられました。

猫は運動能力が高く、少々の高さから飛び降りても問題ありません。しかしフライングキャットシンドロームのネコは数十メートルの高さから突然飛び降りてしまうことがあります。そして、症候群と名がつくように一度飛び降りた猫は繰り返し飛び降りてしまうのです。

飛び降りる原因としては「高所に行くと遠近感がつかめずに落下してしまう」「鳥や虫に気を取られて落下してしまう」などが考えられますが、これといった理由は解っていません。

うちは低層階に住んでいるから大丈夫と思う方も多いようですが、2階から落ちて亡くなるケースもあるため簡単に考えてはいけません。死亡するリスクが最も高いのは3階~7階で、次に7階以上、2~3階となっているそうです。

落下中に時間的猶予があれば、体勢を整え手足を広げてムササビのように皮膚をのばし、空気抵抗を大きくすることによって衝撃を和らげることが出来るので、3階~7階よりも7階以上の方が死亡数が少ないと考えられています。

最近の室内飼いの猫たちは運動不足と肥満により、本来持っている敏捷性や平衡感覚が十分発達していない可能性があり、家具からの落下でも体勢を整えるのに要する時間の不足により、着地に失敗し骨折するケースもあります。「猫は高いところから落ちても大丈夫」という認識を改めた方がいいかもしれませんね。

これからの季節、暑さしのぎにベランダの窓を開けっぱなしにしているお宅もあるかと思いますが、2階以上で猫を飼ってらっしゃる方は窓を開けたままにしないことが最大の予防になります。

室内での落下防止策としては、家具を階段状に配置して高低差を少なくすることで事故を減らせますよ。

Y.N

ワクチン接種後アレルギー反応 18年06月10日

ワクチン接種後の犬に、さまざまな副反応が起こることがあります。それらをまとめて「ワクチン接種後アレルギー反応」と呼びます。その原因アレルゲンとして考えられているのが、市販のワクチン中に含まれている牛由来タンパク質です。ヒト用ワクチンにおいては、WHOによってワクチン中の牛由来タンパク質の量が制限されていますが、犬用ワクチンにはヒトのような基準が設けられておらず、ヒトにおける基準値をはるかに上回る量の牛由来タンパク質が混入していると推測されます。ワクチン接種後アレルギー反応には大きく分けて二種類あります。一つは即時的で、接種直後から60分以内に主に呼吸器・循環器症状といった全
身性アナフィラキシーが発生します。もう一つは非即時的であり、接種後60分後から24時間、あるいはそれ以降に皮膚症状などが発生します。アレルギー反応を起こした犬に対しては、早急に適切な治療を行う必要があります。特に、呼吸器・循環器症状を示した犬は死に至る可能性がありますので、エピネフリンの投与を中心とする緊急の対応が不可欠です。しかしながら、このようなことが起こる確率は決して高いわけではなく、ワクチン接種によって得られる利益が副反応に伴う不利益を大きく上回ることを忘れてはいけません。予想されるリスクを正しく理解した上で、必要なワクチンを接種していただくことが大切です。万が一アレルギー反応が発生した場合には適切に対処できる環境を整えておりますので、すぐにご連絡いただきますようお願い致します。S.K

IMG_2992.JPGのサムネイル画像

腹腔鏡下胃固定術 18年06月03日

 犬では胃拡張・胃捻転症候群という病気が発生します。これは食後に胃内に異常なガスが発生する事で胃が拡張し、重症化すると捻転して胃が壊死するものです。特に発生の多い大型の好発犬種においてはこれを予防するために、胃を体壁に固定するという手術を行うことがあります。開腹で行う方法としては、切開胃固定術、ベルトループ固定術などいくつかの方法が報告されています。

 人医療では内視鏡外科は広く普及し、さまざまな種類の手術が実施されています。近年では獣医療でも内視鏡外科の発展がめざましく、腹腔鏡を用いた手術が増えています。胃固定術もそのひとつです。開腹手術では皮膚を大きく切らないと胃を十分に引っ張ることが出来ません。しかし腹腔鏡手術をおこなえば小範囲の術創で済むため、獣医領域では早くからこの手術に対して腹腔鏡が適応されてきました。

 まずカメラを入れるための小さい傷を1カ所、そして胃を引っ張ってくるための鉗子を入れるための穴をもう1カ所あけます。お腹にカメラを入れ、目視で胃を確認後に胃を外に出すように体壁までひっぱります。そして鉗子を入れるための穴を5㎝ほど広げ、体壁と胃を固定するように外から縫合していきます。傷は2ヶ所になりますが、開腹手術の傷よりもはるかに小さくなります。

 胃拡張・胃捻転症候群は緊急的で致死的な疾病です。大型犬では特に要注意のため、予防手術についてお聞きになりたい方は診察へお越しください。

T.S.