南が丘動物通信

SCCEDS 16年10月30日

SCCEDSとは難治性角膜潰瘍、再発性上皮びらん、無痛性角膜潰瘍、また、遺伝的にボクサーに多いためボクサー潰瘍角膜ともよばれる角膜潰瘍の特殊な病態です。実質の表面に無細胞の硝子膜が形成されているために、角膜上皮と角膜実質の境界となる基底膜が存在せず、潰瘍周囲の角膜上皮は実質に接着しないまま不整に増殖している病態であると定義されています。普通の角膜潰瘍とは一見似ているものですが、角膜への外傷等で起こる一般的な角膜潰瘍と違って、角膜の上皮と実質の間に隙間がある状態なので、角膜上皮と実質の間の接着分子の異常等が原因であると考えられていますが、実際の原因は未だ不明です。

そのため、普通の角膜潰瘍と治療法が異なります。SCCEDSは点眼薬だけでは治癒せず、びらんした角膜上皮のデブリードメントが必要です。また、角膜格子状切開や表層性角膜切除等の外科手術を併用するのが一般的です。また、普通の角膜潰瘍に格子状切開は禁忌であるため、SCCEDSと普通の角膜潰瘍との鑑別がとても重要となります。難治性と名のある通り治るのに時間がかかり、治療を行わないと長期にわたり症状が続くものであるため、最近目をショボショボさせている、角膜が剥がれている等症状に気づきましたら、早めに診察にいらしてください。         

S.K

犬の糞食行動 16年10月23日
犬の問題行動の中で糞食行動はよくご相談を受けます。 子犬の場合には好奇心が強く、色んな物に興味を示すため自分の排泄した便にも関心が向き便を食べてしまうとされています。 親犬の場合は、子犬の排便を促すためにお尻を舐めたり、外敵に便の臭いで気づかれないようにするための本能的な行動と言われています。 こういった子犬や母犬の本能的な糞食行動は自然に治ることが多いですが成犬で糞食をしている場合には他の原因も考えるべきです。 子犬の頃からずっと続いている場合、子犬の時に置かれていた環境が関係していることがあります。ペットショップなど特に他に興味を示すものが少ない環境にあると成犬になっても糞食が癖になってしまうことがあります。 その他の原因として、不適切な食事量、ビタミンの不足、消化器疾患、ストレス、飼い主の興味を引くためなどが考えられます。 糞食による健康被害は、糞便中には腸内細菌が含まれるためそれを口にすることによって口腔内の菌が過剰になり、歯周病に発展することもあります。 また他の犬の便までも糞食してしまう場合には、寄生虫やウイルスに感染してしまうリスクも考えられます。 糞食に対する対策としては、排便をしたらすぐに片付けるのが最善ですがそれができない場合には他の対策を考える必要があります。 子犬で糞食する場合には、遊ぶ時間を増やしてあげたり、トイレトレーニングなどが有効です。成犬で糞食する場合には上記のような原因に当てはまらないかを考え、思い当たる点があればそれを改善する必要があります。 特に飼い主の興味を引くために糞食する子もいるため、糞食しているのを見かけたら叱りつけるのではなく、無視を続けてください。叱りつけると犬は構ってもらえたと勘違いをして糞食を繰り返すようになってしまいます。 しつけには根気が必要となりますが、一向に糞食が治らないようでしたら一度ご相談いただければと思います。 Y.I
外出注意!猫の白血病 16年10月16日

猫白血病ウイルス(FeLV)はレトロウイルス科ガンマレトロウイルス亜科のウイルスであり、主な感染経路は接触感染によるものです。毛づくろいや共同で飲食することによって成立し、唾液や鼻汁が媒体と考えられています。また、その他にも、経胎盤、経乳汁および性交感染によって成立します。感染猫は屋外飼育の猫が多く、感染した猫の多くは4年以内に死亡すると言われています。

FeLV感染症の猫の症状は様々です。一般的には食欲不振、体重減少、沈鬱といった非特異的な症状が見られます。FeLV感染症では、しばしば免疫不全症が発生するため、口内炎が発生しやすくなります。また、前縦隔洞や腎臓にリンパ腫が発生しやすく、その場合には呼吸困難や腎臓腫大、尿毒症などが認められます。造血器腫瘍が発生しやすいため、発熱、可視粘膜蒼白、出血傾向が見られることがあります。さらに眼のリンパ腫によって、縮瞳、眼瞼痙攣、眼球混濁が発生します。その他、FIP、トキソプラズマ、クリプトコッカスに重感染した場合には、神経症状が見られることもあります。

FeLVの診断は血清中のウイルス抗原をELISAもしくはIFAにて検出することによって行われます。現在は簡易型キットが普及しており、迅速にFeLV感染の検査ができます。

治療に関してはFeLV感染症によって発生する疾患が多彩であるため、個々の疾患に対して適切な処置を行うことが重要です。

 予防法としては、猫を室内飼育にし、FeLVとの接触を防ぐことが最も良い予防法であります。飼い主様にはきちんと病気を理解していただき、室内飼育を積極的にしていただけたらと思います。

D.T

水晶体偏位 16年10月09日

 水晶体は眼球の中のレンズの役割をしており、前房と硝子体の中間に毛様小体に支えられて存在しています。しかし何らかの原因でこの毛様小体が損傷してしまい、水晶体が前房あるいは硝子体に脱臼してしまう状態のことを水晶体偏位といいます。

 水晶体の後方偏位、つまり水晶体が後ろの硝子体の中に落ちている場合は、軽度のブドウ膜炎が起こることで結膜の充血を認めることがありますが、基本的に保存的治療によって経過観察をしていくことが多いのですが、逆の前方偏位、つまり水晶体が瞳孔を超えて前に出てきてしまうと問題になってきます。というのも前方偏位は緑内障を併発してしまうことにあります。ただし、緑内障から眼圧の上昇によって水晶体が前方偏位してしまうこともあるので診断には十分な注意が必要です。たとえば両目の眼圧が上昇しており、片方のみ偏位が起こっている場合は、原因は緑内障であると考えられます。逆に両目の偏位があって片方だけ緑内障になっている場合には原発性の水晶体偏位と考えていきます。また、瞳孔をしっかり開かせておき、水晶体を自然に戻しておき、そのあと再発しないかあるいは眼圧がちゃんと下がるかといった経過観察でも推察は可能です。

 水晶体の前方偏位がある場合は通常急性流や眼瞼痙攣が起き、充血がみられます。涙がいつもより多く、お目目が真っ赤っかになっている場合には水晶体の問題があるかもしれません。緑内障になってしまう前に早めに診察にいらしてくださいね。

S.A

門脈体循環シャントの手術 16年10月08日

門脈体循環シャント(PSS)の手術の犬が今日退院しました。とっても元気です。ご家族の方がお迎えに来られて喜んで帰っていきました。脾静脈と後大静脈のシャントで左胃静脈が接近していたため結紮法を選択しました。部分結紮になったため2回目の手術が必要になります。1歳2カ月令での手術でしたが病気発見のきっかけは尿中の結晶に気が付いたとのこと。いい飼い主さんで良かったね。PSSでは食欲不振、多飲、肝性脳症とよばれる神経症状などがでることが多いのですが元気だったようです。白い糸で縛ってあるのがシャント血管です。2回目の手術は楽なのでまた頑張ろうね。RIMG3977.JPG

猫の甲状腺機能亢進症 手術週間? 16年10月08日

9月20日、26日、28日と続いて甲状腺機能亢進症の猫ちゃんたちの手術がありました。やっぱり甲状腺機能亢進症の猫たちって結構たくさんいます。甲状腺手術の魅力は、手術するともう抗甲状腺剤を飲ませなくてもよいこと、内科療法と比べ症状がすべて寛解され、長生きできること、摘出後も98%以上の猫が甲状腺ホルモンの内服が必要なく完治できることです。残念ながら胸腔内に甲状腺があり、手術困難な症例もありますが、CTを撮って前もって場所を確認したうえ手術します。手術は技術が必要ですがとってもお勧めです。S.SRIMG3891.JPGRIMG3926.JPGRIMG3934.JPG

新規の腎機能マーカー:SDMA 16年10月02日

慢性腎臓病(CKD)は私たち臨床獣医師が日常の臨床現場でよく遭遇する疾患です。その評価には血中尿素窒素(BUN)、血中クレアチニン(Cre)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)をはじめとした血液スクリーニング検査、尿中タンパク/クレアチニン比(UP/C)を含めた詳細な尿検査、X線検査、超音波検査などが用いられています。CKDをはじめとした各種腎疾患の病態把握には、糸球体濾過率(GFR)の測定が最も正しく評価できると言われていますが、手技や測定の煩雑さから、あまり実施されていないのが現状です。

近年、獣医療における新たな腎機能マーカーとして対称性ジメチルアルギニン(symmetrical dimethylarginineSDMA)の有効性が注目され、日本でも20167月からアイデックスラボラトリーズ株式会社でSDMAの測定が開始されました。

SDMAは生体における細胞内代謝のうちのL-アルギニンNO経路を調節する因子の一つであり、その90%以上が腎臓から排泄されるため、SDMAの測定はGFRを間接的に反映する検査としての有効性が示唆されています。また一部の報告では、BUNCreよりも早期にCKDを発見できる腎機能マーカーであると言われています。

当院ではSDMAを含む血液スクリーニング検査も実施しております。伴侶動物の高齢化に伴い、CKDをはじめとした様々な疾患に罹患するケースは多くなっています。それらの疾患の早期発見を目的に定期的な健康診断をぜひご利用ください。

H.B.