南が丘動物通信

放射線治療の基礎知識 16年04月24日

放射線は細胞内の遺伝子を傷害することによって生物にダメージを与えるのですが、この特性を活かして腫瘍を局所制御する治療法が放射線治療です。手術、化学療法(抗がん剤)に並ぶ腫瘍治療の3大治療法のうちのひとつが放射線治療ですが、放射線に対するイメージ、そして扱える施設が多くない事からあまり馴染みのない治療法になってしまっています(特に飼い主様に)

 放射線治療は手術と異なり、臓器や組織の形態や機能を大きく損なうことなく腫瘍を叩くことができるのが最大の特徴です。そのため人でも動物でも、首よりも上の部位における腫瘍に用いられることが多くなっています。また補助治療として手術で取りきれない腫瘍部分に治療を行ったり、また手術が難しい腫瘍(鼻の腫瘍など)に対して実施することができます。また局所治療であるため、副作用も局所的で済むということも利点になります。

 放射線障害という副作用が欠点としてあげられます。放射線治療を何回も繰り返しの治療が必要であり、この障害を少なくすることが求められるため厳密なスケジュールを計画することが求められます。またすべての腫瘍に同様に効くわけではなく、各組織の放射線感受性によって治療の反応が異なる事にも注意が必要となります。

 いまは人も動物も癌が増えており、さまざまな治療法が存在します。もちろん腫瘍の種類や発生した部位によっては放射線治療が適用になるケースも少なくありません。ご紹介させていただく形にはなってしまうのですが、飼い主様によりよい治療法を複数ご提案できたらと思っています。

T.S.

食中毒はワンちゃんからも 16年04月10日

カンピロバクターはヒトの食中毒で有名ですが、ワンちゃんやネコちゃんの下痢の原因になる場合もあります。原因菌はCampylobacter jejuniC.coliでヒトと同じで、ワンちゃんやネコちゃんが下痢を起こすのは多くは6ヶ月齢以下の多頭飼育されている子の場合がほとんどです。

多くは抗生剤に反応し予後もいい感染症ですが、健康になってからも保菌し続ける場合があります。ヒトに病原性をもつ菌と同じですので、つまりはヒトの食中毒の原因となりうるということです。ワンちゃんやネコちゃんの便の処理、特に若い子の便の処理には気をつけないといけません。K.Y

蜂に刺されたら ・・・ 16年04月03日

大分暖かくなり、散歩もしやすい時期になってまいりましたね。草むらには虫たちも多くなり犬や猫がちょっかいをかけてしまうこともあるのではないでしょうか?

今回は蜂に刺されてしまった場合についてです。

ミツバチに刺された場合、皮膚に針が残ってしまう事があります。刺された場所を注意深く見て針が確認出来たときには、ピンセットなどで取るようにしてください。難しい場合にはそのまま病院に連れてきていただくことをお勧めします。その他の蜂に関しては針が残ることは少ないといわれております。

また、蜂に刺された場合、最も気を付けないといけないことは人と同様に急性アナフィラキシーショックです。毒が体内に入り込んで数分~30分以内に虚脱、呼吸困難、痙攣、昏睡などを起こし、死亡する可能性も考えられます。

刺されてしまったときは元気そうにみえてもしっかりと様子を見ておいてあげてください。

D.T