南が丘動物通信

犬の椎間板ヘルニアに対する鍼灸治療 14年10月26日

鍼灸療法は中国で古くから家畜の疼痛や麻痺性を伴う運動機能障害性疾患に良好な治療効果を示していた。犬の椎間板ヘルニアに対して高い治療効果を示す。グレードⅢ及びそれ以下の症例に対してほぼ100%有効であり、治療開始後1~4日程で歩行が可能になったとの報告もある。またグレードⅣに対して1~8回の治療、つまり2週間前後で歩行可能になり治癒効果は90%に近い。グレードⅤに対しては個体差があるものの1~1年半かけて治癒となるが来診間隔と回数などに結果は影響する。多くは2ヶ月で治癒すると言われている。
要するに鍼灸療法は大変効果的であり、一般西洋内科療法と比較し副作用がなく、治癒時間が短いのを特徴とする。鍼灸療法のメカニズムは椎間板物質による脊髄損傷部の微小循環の機能障害を抑制及び改善し、局所の正常環境を最大限に維持し、また神経細胞の自主再生を促進し、機能を回復させ、治癒を向かわせることにある。
当院においても椎間板ヘルニアの症例において、鍼灸療法を実施しているが歩行可能になった症例は多い。 D.T

横隔膜ヘルニア 14年10月19日

横隔膜ヘルニアは横隔膜が裂開することにより腹腔臓器が胸腔内に入り込むことによって起きる。猫での発生が高く、交通事故や高所から飛び降りることによる発生が多い。先天的な発症は稀であるが、横隔膜の一部が欠損することで起こる。
症状はヘルニア孔の大きさと位置、脱出した腹腔内臓器の容量、肺や心臓の圧迫の程度により軽度から重度の症状を示す。ヘルニア孔が大きく多量の臓器が脱出した場合はチアノーゼ、起立困難、ショック症状などの重い症状がみられ、ヘルニア孔が小さい場合は呼吸速拍や食欲不振などの軽い症状がみられる事が多い。
診断はX線診断、エコーによる胸腔内への臓器の脱出を確認することが出来る。
治療は基本的にはすべて手術によって行われる。慢性経過の横隔膜ヘルニアでは緊急手術の必要性はないが、胆道閉鎖、胃捻転、腸捻転などが発症した場合は緊急手術が必要となる。手術が順調に終了した場合は予後は比較的良好である。

D.T

直腸炎症性ポリープ 14年10月12日

DSC08402.JPG


先日、8歳のミニチュアダックスフンドの直腸に発生した腫瘤を摘出しました。
病理組織学診断の結果は炎症性ポリープでした。
炎症性ポリープは大腸粘膜における陰窩の拡張と炎症反応から成り立っています。この病変は良性の非腫瘍性病変ですが、しばしば多発することや腫瘍への転化を示します。また近年ミニチュアダックスフンドに好発するという報告もあります。
今回の腫瘤は完全に摘出しましたが、新たな病変の形成など今後の経過に注意したいところです。
H.B.

犬の膝蓋骨内方脱臼 14年10月05日

 膝蓋骨脱臼には、膝の曲げ伸ばしを円滑に行うのに必要な膝蓋骨という骨が、大腿骨上から完全に内側に外れてしまうことを内方脱臼、外側に外れてしまうことを外方脱臼と言います。  犬では、圧倒的に内方脱臼が多いです。膝蓋骨の脱臼の75~85%が内方脱臼であるとのことです。また両側の内方脱臼は、20~25%で認められます。原因は、外傷性と先天性があります。
 先天な原因としては、①膝蓋骨が乗っている大腿骨や、膝関節を形成するもう一つの骨である脛骨の変形や、②膝蓋骨についてる筋肉の内方への変位 ③膝関節の回転方向の不安定性 などがあります。また早期に内方脱臼がおこると膝蓋骨を納め外れないようにする大腿骨の溝である滑車溝が平らになり脱臼を悪化します。
 膝蓋骨内方脱臼では、状態に応じて4つに分類されます。
 治療は外科手術ですが、全ての症例に推奨されるわけではありません。臨床症状や犬種、年齢、体重 併発症で判断されます。
 臨床症状が軽い、4つの分類の一番軽度な症例では、必ずしも推奨されません。オーナーが気づかない症例も多いです。
 大型犬や、体重が重い犬、若い犬、足を拳上してしまう犬、膝関節には前十字靭帯など大切な靭帯があるのですが、そういった靭帯を痛めてしまう犬では、外科的手術が推奨されます。
 また遊んでて急激に脱臼が起こってしまった場合、痛みを訴えることも多いです。
 当院では、身体検査で膝の脱臼が認められた場合は飼い主様にお話しするようにしております。
 普段元気に走り回っているこど時々後ろ足をあげるといったことがあれば、ぜひご相談ください。
                                                   M.N