南が丘動物通信

多発性骨髄腫 12年06月19日

 骨髄腫という病名ですが形質細胞の腫瘍であり、造血器系腫瘍に分類されます。症状や診断方法がかなり特徴的です。
 形質細胞は免疫グロブリン(Ig)を産生するため、多発性骨髄腫ではIgAやIgGの過剰産生が生じ、しかもそれらは不完全なIg断片も形成するために多くの問題を起こします。その不完全なIg断片はベンスジョーンズ蛋白といわれ尿中に現れます。過剰Igのために血液は過粘稠となり、出血傾向、血球凝集、中枢神経症状などを呈します。血液検査で単クローン性高ガンマグロブリン血症(モノクローナルガンモパチー)をみられます。
 骨髄内で腫瘍細胞が増殖し、形質細胞増多が重度になると骨髄癆を起こし、貧血や血球減少、それに伴い感染症リスクが上がることで膀胱炎などを起こしやすくなります。多発性に骨融解を起こすためにびまん性に骨粗そう症や骨折を招きます。骨融解による高カルシウム血症、またそれに付随する腎障害も現れます。レントゲン検査では骨融解病変が虫食い状に見られるパンチアウト像が特徴です(下図)。
 以上をまとめると・・・
 単クローン性高ガンマグロブリン血症
 骨融解病変(パンチアウト)
 ベンスジョーンズ蛋白尿
 骨髄における腫瘍性形質細胞出現または形質細胞増多症
 これらが特徴所見であり、また診断の条件となっていることが多いです。
 治療は化学療法が第一選択であり、メルファランとプレドニゾロンの併用が行われます。また高カルシウム血症や骨融解、腎障害などに対する処置も必要となります。高カルシウム血症に対してはビスフォスフォネート製剤が、一般状態・症状の改善に非常に有効と言われており、当院でもそのように実感しております。

12.bmp

ウサギの足底皮膚炎、足底潰瘍 12年06月05日

 ウサギの足底皮膚炎・潰瘍は、比較的よくみられる、踵を中心とした後肢の足底部や、まれに前肢掌面に皮膚炎や潰瘍が認められる疾患です。
 この疾患を引き起こす第一の要因として、床の硬さが挙げられます。金網床のケージで飼育されているウサギやコンクリート、フローリングなどを跳び回ることのあるウサギは特にかかりやすくなります。それ以外では、床が湿っていて不衛生なことや、肥満、足裏の被毛が薄い、スタンピング癖があるなども要因となりえます。
 通常後肢の足底に病変がみられ、局所は発赤、腫脹し、びらんや潰瘍になると出血が認められます。さらに感染があると膿汁の排出が認められるようになります。腫脹や潰瘍が広がって、深部に至るほど痛みが増し、ウサギは左右交互に足を持ち上げ、足踏みをしたり、前肢に体重をかけたりします。放置されると感染が骨や踵関節に至り、骨髄炎、敗血症に進展することもあります。
 治療は、重症例においては抗菌薬や包帯等が必要になりますが、まず重要なことは柔らかい床の上で過ごさせることです。また、柔らかいだけでなく清潔であることや、齧ったり食べたりしないことも重要です。個々の生活環境や性格などにより最良の方法が異なるため、床材の素材の選択に関しては獣医師にご相談下さい。