南が丘動物通信

サリドマイド 09年01月27日

1960年代に薬害事件をおこし、販売禁止になったサリドマイドがさまざまな病気に効果があることが分かってきました。50以上の病気をおさえる効果が期待できるとのことで注目を集めています。
癌の転移、血管新生、自己免疫性疾患、リウマチ、ベーチェット病、エイズ、インシュリン抵抗性などに効果があると思われています。サリドマイドの効果はTNF-α(腫瘍壊死因子)という物質の産生をコントロールする作用と考えられています。TNF-αはリンパ球などから分泌され、免疫機能を高め、癌細胞などを殺す働きがあります。しかし多くできすぎると逆にいろいろな悪影響を及ぼすことがあります。癌や結核の末期の悪液質・免疫が自分の体の一部を攻撃する自己免疫疾患・失明や癌の栄養補給路ができる血管新生・癌の転移・エイズウイルスの複製などがTNF-α分泌過多による悪影響ですが、これらを抑えることで病気の治療に期待されています。人の多発性骨髄腫に対してはアメリカなどの10数カ国が承認をしています。日本では承認されていない薬であり、外国から医師をとおして個人輸入されている状況です。動物の癌においてもサリドマイドが非ステロイド性の消炎剤などとともに寿命を延ばす効果が期待されており今後の動向が注目されています。当院での使用例においても腫瘍の血管新生抑制作用は眼に見えて効果があります。今後期待される薬の1つです。

「がん治療・最前線」ハイパーサーミア 09年01月18日

1月17日(毎日健康サロン市民公開講座)癌の集学的治療とハイパーサーミアに参加してきました。
林 豊行氏:医療法人友紘会理事長  中村 仁信氏:大阪大学大学院教授 近藤 元治氏:京都府立医科大学名誉教授 今田 肇氏:医療法人共愛会戸畑共立がん治療センター長 武田 力氏:大阪ガン免疫化学療法センター院長という講師の方々のお話をお聞きしました。

手術、放射線、抗癌剤、免疫療法を中心とする集中的がん治療にくわえてハイパーサーミア(温熱療法)を併用すると各種治療方法の効果を高め副作用を軽減できることが分かってきました。癌組織は正常組織に比べ熱に弱いことが分かっており、41.5℃以上になると死滅します。ハイパーサーミアは加温による免疫の活性、QOLの上昇、癌組織の薬剤取り込み上昇、放射線治療の効果増強という役割を果たします。一度効果がなくなった抗癌剤による治療がハイパーサーミアをうけることによりあらためて効果がでてきた例を見せていただきました。
体の奥深いところでできている癌病巣を中心にからだの表面より2極の電極版ではさみそこからでる高周波が生体分子に回転をおこさせ摩擦運動によって自己的に発熱が起こる仕組みです。
脳、眼球を除くすべての部位に適応になり、初期、末期、癌組織型や種類を問わないため、いろいろな癌に適応できる期待をもたれています。動物に対する研究はこれからですが、今後積極的に取り組んでいきたいと思っております。