南が丘動物通信

狂犬病 08年04月15日

狂犬病予防接種の時期です。

狂犬病はその名前から『犬の病気』と誤解されがちですが、人を含め哺乳類に分類されるほとんど全ての動物に感染する人獣共通感染症です。発病後の死亡率はほぼ100%で治療法はありません。日本では、2006年に海外滞在中、犬に噛まれ帰国後、狂犬病を発症し死亡した事例が2件続いて起こりました。しかし、日本国内で感染した例は狂犬病予防法(狂犬病の発生を予防し、蔓延を防ぎ、撲滅することにより公衆衛生の向上及び福祉の増進を目的として制定された法律:1950年)施行による飼い犬の登録と予防接種の義務化などにより1957年以降50年以上発生例はありません。海外では、アメリカや多くの欧米諸国などの先進国をはじめ、世界各国で発生しており、年間約55,000人もの人が亡くなっています。日本は数少ない狂犬病清浄国なのです。

WHO(世界保健機構)のガイドラインによれば狂犬病の流行を防ぐために必要とされる予防接種率は70%とされています。ところが、犬による咬傷事故が毎年6,000件程度報告されている一方、犬への狂犬病ワクチンの接種率は近年低下しており、2004年の厚生労働省の調査によると予防注射実施率はガイドラインの数字を大きく下回っています。つまり、狂犬病清浄国である我が国でも、いつ狂犬病が発生あるいは流行してもおかしくないということを意味し非常に危機的な状況にあると言えます。この現状を打開するためには、日本人一人一人が狂犬病の恐ろしさ、現在の日本の状況を認識することから始まると思います。

狂犬病ワクチンをイヌに接種することは、あなたの愛犬を狂犬病から守るばかりでなく、社会全体を狂犬病の恐怖から守ることにもつながります。

しかし、絶対に狂犬病ワクチンと同時に、混合ワクチンを接種することはさけなければなりません。ワクチンの使用説明書にも他のワクチンとの同時投与を避けること、他のワクチン接種まで規定の間隔を空けることが記載されています。面倒かもしれませんが、できるだけ副作用をださずに安全で、免疫の獲得できる予防接種を行うためには必要な配慮です。

今年も狂犬病予防接種を受けましょう

フィラリア予防 08年04月14日

4月に入りフィラリア予防の血液検査の時期が始まりました。

フィラリア症は蚊により媒介される寄生虫性伝染病で、その成虫は肺動脈に寄生します。肺動脈に寄生することにより心・肺・血管系への障害はもちろんのこと、慢性の肝臓のうっ血によって不可逆性の肝障害や肝硬変、免疫複合体やミクロフィラリア抗原による糸球体腎炎を起こし、大切なワンちゃんの体を蝕んでいきます。これらの変化は徐々に進行するため見た目に明らかな症状はほとんど出ません。咳、体重の減少や運動不耐性など症状が出始める頃には、心臓や肺、その他の臓器の病変は重篤な変化を起こしています。また、大静脈症候群といわれる急性の合併症を起こし、突然虚脱し、そのまま亡くなってしまうケースもあります。

このようにフィラリア症は非常に怖い病気なのですが、現在では内服薬や注射薬などの様々な予防薬の普及によりこの病気を予防することが可能となっています。

正確な予防開始を計算するためにHDU(Heartworm Development Heart Unit)という概念があります。HDUとは蚊の体内でフィラリア幼虫が成長し、犬に感染する能力を獲得するために必要な温度の単位です。

1日HDU=(1日最高気温+1日最低気温)/2-臨界温度(摂氏14℃)(*マイナスになる場合は0として考える)で求めます。30日分の1日HDUを足して130以上になったら蚊の体内でフィラリアが犬への感染能力を獲得します。そして、30日分の1日HDUを足して130を切った時点で感染期間が終了します。

HDUから算出されるフィラリアの感染期間は地域によって異なりますのでかかりつけの動物病院にご相談下さい。

勘違いされがちなのですがフィラリアの“予防薬“と呼ばれていますが、薬が1ヶ月体に残って予防効果を出し続けるわけではありません。蚊に刺され体内に入ってきたフィラリアの子虫が成虫になり心臓に到達する前に駆虫するのがフィラリア予防薬であり、実際には駆虫薬なのです。よって、HDUから算出された感染開始時期よりも遅れて内服を開始し、感染終了時期よりも遅れて内服が終了します。多くの地域ではフィラリアの予防薬は初冬(11月下旬~12月上旬)まで服用を勧められるケースが多いと思われますが、最近涼しくなって蚊を見かけないからとフィラリア予防薬を最後まで服用させないというのは危険です。

最後に、血中にミクロフィラリアがいる状態でフィラリアの予防薬を服用するとショック死することがあります。フィラリア予防薬を投与される前に必ずかかりつけの動物病院で血液検査を受けましょう。